57歳主婦マンガと共に人生を振り返る。そして、新たな出会い。

日々のマンガ読書記録をしていきます。おすすめあったら教えてください(^-^)

東京タラレバ娘 私もタラレバ主婦

 

 

東京タラレバ娘 コミック 1-5巻セット (KC KISS)

東京タラレバ娘 コミック 1-5巻セット (KC KISS)

 

 

タラレバ娘を読んでると

東京でひ一人暮らししてる娘を思う

幸せな事に彼女にも良き友がいるようだ。

 

いや

 

5年,10年先を心配してる訳ではない

 KEYみたいに辛辣な言葉を発するつもりもない

 

口走っているかも❓

 

結構、タラレバ人間溢れているでしょ

私もタラレバ娘を経て

立派にタラレバ主婦になって

現在に至ってる

そして、傍目には頑張ってる主婦よ

 

歳を重ねてくると忘れてしまうことが多く、

自分の都合のいい様に作り変える事もある。

でも、それっていけない?

 

あの時は、あれで良かったの」って

思う

 何が良かったのかしら?

それさえも忘れてる

 

 

倫子さんも香さんもあの時は、別れて良かったのよ

続いていても、いつか別れそうじゃないの

そんなこと

解っているのに、気付かぬふりをしてる❓

諦めも大事

だいたい、香さんは自業自得‼︎  でしょ

 

 

前読んでた「コウノドリ

鴻鳥先生も言ってたよ

お母さんのお腹にいる時から、「お母さんと一緒に赤ちゃんは頑張ってる。僕達は、そのお手伝いしてるだけです」って

 

みんなず〜と頑張ってる。

 まぁ、ひとりで悩まず

みんなで悩みましょう

 

でも出来るだけ密室でね

 

 

 

 

 

 

 

 

東京タラレバ娘 ん?違和感

テレビドラマで話題になってるけどね〜

 

 

 

現在57歳おばさんには、痛くも痒くも無い。。

 

ただ、私も結婚は30歳位だったから

焦りはあった。

田舎、結婚するのが当たり前と思う両親のもと、このまま先の見えない生活

 

やりたい事あった筈なのに

また

中途半端なまま、時間だけが過ぎていく。

 主人とは

お互い結婚願望が強かったから、

 

最低条件はクリア出来たんだろうな?

 

 マンガ読んでて、違和感

時代⁉️

価値観⁉️

30歳過ぎてるから⁉️

 

こんなにオープンに自分をさらけ出せるの?

羨ましいような、

滑稽で可哀想な、

 

そういえば、娘が友達の結婚式で、大泣きしたらしい

 

私が不思議がってたら、

 

「母さんには、それほどの友達が居なかったのよ」だって

 

生意気な☹️

 

まぁそうかもしれないけど、

友達の結婚式は

ちょっと羨ましく…

でも 

幸せな時間を共有し、心から祝福出来た

泣いた事はないけど。

 

TVは見なくても良いね

 

コウノドリ

鴻鳥先生みたいな先生ついていてくれたら、安心ね。でも私が関わったお医者さんて、結構私の話を良く聞いて答えてくれてると思います。

今も

悪玉コレステロールの数値が高すぎて、薬貰うため、ここ数年2〜3ケ月に一度総合病院に通ってるけど、担当医が変わるといつも同じ質問するの

基本は一緒なんだけど、

やっぱり先生達の考え方少し違ってる。

面白いよ

 

今は、面白いなんて悠長な事言ってるけど

子供の小さい頃は、

必死の思いで、すがってる。

聴診器当てて、「風邪ですね。薬出しておきますから」

それだけでも、少し安心したりして。

 

鴻鳥先生も言ってるけど、

僕達は、「お手伝いしてるだけです」って

赤ちゃん自身が頑張ってる。

幼い子供も戦ってる。

 

でも、重大な病気を見つけてくれて、やっつけてくれる先生は、医者しかいないよね。

 

キムタクや米倉さんの医者もカッコ良くて、いいけど、

両方見てないけど?

綾野剛コウノドリ見ればよかった。

 

東京タラレバ娘

借りてきた?

コウノドリ〜悲しすぎる

11巻の子宮内胎児死亡

 

 

コウノドリ(11) (モーニング KC)

コウノドリ(11) (モーニング KC)

 

 

泣いてしまいました。

原因不明

 

 

分娩する

短い思い出を手元に残す、夫婦

 

 

悲しすぎる

 

コウノドリ 人それぞれだから……

9巻で、待合室のおばあちゃんが、妊婦さんの容姿とかで、産まれてくる子が男だとか女とか適当に話しかけてるんだけど……

 

 

コウノドリ(9) (モーニング KC)

コウノドリ(9) (モーニング KC)

 

 

私も、2人目の時同居してる姑に

「つわりが軽いから、次も女の子だね。私は

酷かったから」ってずっと言われた。

 

食事の支度してる時も我慢して、

食事中も、さりげなく席外して気を使ってるのに…

馬鹿やろ‼︎

絶対男の子を産むぞって

 

もちろん男の子

「おちちん着いてますよ」に

ヤッタ!

 

 

今思えば、バカバカしいしいけど

あの時は私は真剣

でも姑は深い意味なんてなかったのよ

 

私も歳を重ねる毎に余分な事を口走ってるかな?

学習能力ないね。

でもこれから気をつけるね〜

 

 

 

 

コウノド〜何が何でも自然分娩で産むぞ!

 

点滴から流動食に変わった頃、母親が

「あなたは可哀想だね。あの産まれる瞬間の喜び味わえなくて……」

ちょっと、表現の仕方がうまく言えないけど

いわゆる、出てくる瞬間らしい。

 

2人目は無事自然分娩でした。

瞬間の喜びは……

産んだ実感が喜びでしょうね

 

翌日から、自分で歩いてトイレに行き普通食を食べ

息子も、すぐ部屋に連れてこられ母乳を与える

 

もし3人目を出産するなら、自然分娩でしたいですね。

 

でもね。

私3人目を流産してるの。

まだ妊娠を自覚する前に出血して

病院へ行ったら、

直ぐ

掻き出すの

痛かった。

出産の時より、ずっと短くアッと言う間だったけどね

この時の痛みの方が記憶にあるのです。

 

 

 

コウノドリ〜1人目帝王切開で2人目自然分娩

私は30過ぎてからの出産

最初は逆子で出血して、実家で2ヶ月位安静してたけど、破水して即帝王切開。

 

バケツをひっくり返した位(大袈裟かも)羊水が…

大急ぎで病院へ。気がついたら、ベットの上。

「傷口が痛んだら痛み止め注射うちますよ」

「女の子です」と告げられから、

娘に対面したのは3〜4日後

抱くことも出来ず、私の横に寝かされた娘を首を傾けて眺めるだけ。

私はただ、ベットに縛り付けられながら

保育器の中のミルクの飲みの悪い娘の様子を

看護師さんから、報告を受けるだけ。

一週間後、

歩ける様になって、ガラス越しの娘に会いに行く。

もう25年も前のこと

忘れてしまった思いを無理に思い出して

作り変えてしまっているのかもしれないけど……

実家で病人のように大事に扱われ、目か覚めたら、生まれていた。

そして私は今何もしてあげて無いのに

体重も少しずつ増えてる。

スヤスヤ眠っている。

不思議な気持ちだった。

そして不安だった。

私は自分の体力を元に戻すことに精一杯で、

出産後母親としての自覚を置き忘れていたから。

 

そんな心配は無用だった。

実家には、母親より頼りになる姉がいてくれた。

四六時中一緒の娘は、愛おしくて離れ難いものであった。

出産と同時には味わえなかった喜びは

その後徐々に満たしてくれます。

 

今は帝王切開と言っても、

もっと早く退院できるだろうし、

進歩してるよね

 

しかし

 

次は絶対自然分娩で産む

という決意をさせた母親の言葉があり

ふたり目の子は無事自然分娩で出産しました。